パイザカジノは違法か合法か|賭けたら逮捕される?ソフトウェアの違法性にも迫る

信頼性

パイザカジノで遊んでみたいと思っているけど、

 

「パイザカジノって違法なのでは?」

「プレイしたら逮捕されない?」

そんな不安を感じている方も多いと思います。

 

結論から言って、パイザカジノは違法ではなく「合法企業」です。日本からパイザカジノにアクセスしてお金を賭けることは法律がないため「グレー」と表現されることが多いです。

 

パイザカジノの違法性、パイザカジノでベットすることの違法性について詳しく見ていきましょう。

 

パイザカジノは違法か合法か

まずパイザカジノが違法なのか合法なのか?

という最初の疑問点についてです。

 

これは、オンラインカジノ一般の判断基準として、

  • オンラインカジノが合法な国で運営されている
  • オンラインカジノ運営ライセンスを取得している

という2つの基準を満たすことで合法となります。

 

パイザカジノの場合、

  • オンラインカジノが合法な国「キュラソー」で運営されている
  • 「キュラソー」「カナワキ」という2つのライセンスを取得している

というわけで、パイザカジノ自体は合法な企業であることに異論はありません

 

運営されているとは、企業が登記されていることを指します。

もちろんサーバーもオンラインカジノが合法な国に設置されます。

 

■キュラソーライセンスの発行ページはこちら

■カナワキライセンスの発行ページはこちら

このようにパイザカジノではライセンスの証明ページも確認でき、信頼できます。

 

パイザカジノで賭けたら違法か

パイザカジノが合法なのは当然として、問題は、パイザカジノに賭けたら違法になるのか?です。

 

これについては日本ではオンラインカジノに関する法律がないため「法律なし」「グレー」と考える意見が多いです。

「グレー」というと聞こえが悪いので「法律なし」という表現の方がフェアかもしれません。

 

日本の国内法の刑法には「賭博法」という立派な法律があります。

しかし、「胴元」となるパイザカジノは海外の合法企業です。

 

「胴元」と「プレイヤー」という二者がいて初めて成立のがギャンブルです。

二者の共犯によって賭博法が成立する、これを「必要的共犯」と言います。

 

当然、オンラインカジノが違法なら胴元を逮捕しなければいけませんが、胴元は合法です。

日本の警察には胴元となるパイザカジノを起訴したり検挙する理由、権利がありません。

じゃあプレイヤーだけは違法として逮捕してやろうともいかないようです。

 

2016年に合法オンラインカジノで遊ぶプレイヤーを警察が無理やり逮捕する事件がありました。

しかし裁判で「不起訴」となり、それ以来、日本人プレイヤーの逮捕者は出ていません。

 

海外のサーバーにアクセスして合法オンラインカジノで遊ぶこと、海外旅行でランドカジノに行って合法カジノで遊ぶこと、の間に質的な差はないと考えても差し支えありません。

今のところパイザカジノをプレイして違法となり逮捕された人もいないので、その意味で安心して遊んでも大丈夫と言うことができます。

 

オンラインカジノの違法性、合法性、逮捕事例などの詳細はこちらの記事にまとめました。

 

ソフトウェアに違法性はあるのか

最後にパイザカジノで利用されているカジノソフトウェアの違法性についても言及します。

 

パイザカジノにゲームを提供している

  • Microgaming
  • Play’n GO
  • BETSOFT
  • NETENT
  • PRAGMATIC PLAY
  • PLAYSON
  • PUSH GAMING
  • iSOFTBET

といったプロバイダーは、海外のゲーム会社にすぎません。

ただ、カジノゲームを開発、提供するにあたり、オンカジ側と同じようにライセンスを取得します。

 

海外の単なるゲーム会社なので、もちろん合法的な企業です。

ライセンスの監視の下、還元率の公開や、公正なゲームを提供することが義務付けられており、安心してプレイできる環境が整っています。

 

そのほか、決済業者も合法企業なので、安心して利用できますよ。

ギャンブルなので勝つばかりではなく負けることもありますが、パイザカジノの違法性という観点で言えば、パイザカジノは違法ではないということが当記事の結論となります。

 

>>パイザカジノの公式サイトへ<<

 

コメント

4/4まで登録で5000円!ボーナスコード「5000GO」
パイザカジノの登録はこちら
4/4まで登録で5000円!ボーナスコード「5000GO」
パイザカジノ
タイトルとURLをコピーしました